スカイツリー 塔本体工事開始

MENU

スカイツリー 塔本体工事開始

スカイツリー ふぁん

 

スカイツリ―写真左側に見えるのが4日に搬入された塔本体部分です。

 

スカイツリー塔本体部部の組み立て工事が始まりました。最初の地上部鉄骨は今月4日午前に現場に搬入され、週明けの6日朝から地上部分の据付作業が塔の西側で開始されました。また9日現在では南側に緑の鉄骨が組み上がっています。

 

最初のスカイツリ―塔地上部分の鉄骨は長さ約4メートル、直径2.3メートル、総重量は約29トンで大型クレーンで吊り上げ、ボルトでの仮止めの後、溶接に4日くらいを費やし本接着となるそうです。

 

また「立柱安全祈願」も行なわれ無事工事終了と工事関係者の方の安全が祈れらました。今日の写真では仮止めが終了して溶接作業に入った状況をお知らせいたします。写真で左側地上部分にニョッキリと突き出た鉄塔がそうです。

 

いよいよです。これからの工事は一気に上を目指すものになります。ここ何ヶ月も前から東京スカイツリーの工事進展をみてきた僕としましてはちょっと感動ものです。手を少し震わせながらしっかり東京スカイツリーの写真をご紹介していきたいと思っています。

 

スカイツリー ふぁん

 

新しく取り付けられた塔本体部分「610メートル頂上」への第一歩部分です。

 

スカイツリー ふぁん

 

新しく南側に緑の鉄骨が組みあがりました。

 

スカイツリー ふぁん

 

鉄骨の間から作業する作業員の方です。

 

スカイツリー ふぁん

 

高い塔工事ですので、ともかくクレーンが要になります。大、少たくさんのクレーンが現場では動いています。